photogenicmusic

人類にとって「世界の見え方」は百八十年程前に大きく変化した。
写真が発明されたからだ。
十九世紀初頭、一八三九年にパリでダゲールによって、すぐその後にロンドンでタルボットによって写真の発明が発表された。
その恩恵により、時々刻々と動いて留まることを知らない捕え所の無い世界が、写真に撮られることによって時間の断片と化す。

私は、タクトに雫を垂らし、その水球のなかにルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの交響曲第9番第4楽章を納めた。
シャッターを押す瞬間に流れていたメロディは永久に雫の中に閉じ込められて保存されてしまう。
写真のなかでは、フリードリヒ・フォン・シラーの詩「歓喜の歌」が無限のループを奏で出す。
Deine Zauber binden wieder
Was die Mode streng geteilt
Alle Menschen werden Bruder

Deine Zauber binden wieder
Was die Mode streng geteilt
Alle Menschen werden Bruder

Deine Zauber binden wieder
Was die Mode streng geteilt
Alle Menschen werden Bruder ・・・・・・

タルボットによって発明された光子的素描(フォトジェニックドゥローイング)は
光子的音楽(フォトジェニックミュージック)として今も私の脳裏に木霊している。